立地 ミズーリ州 南部Branson この風光明美な湖畔の田舎町全体がミュージック・エンターテーメント・シティと言えるもので、郊外にある当パークと共存共栄関係にある。
開設 1960年
面積 28ヘクタール(開発済み本体)
料金 12歳以上$60 年間パス$87 4〜11歳$49 年間パス$77 62歳以上$58 年間パス$81 年間パスは同行者割引 2015年度
期間 3月14日〜12月30日 12月24,25日は休 計219日 9:30〜19:00 2015年度
雇用 フル300名 パート1200名
成績 96年181万人、97〜195、98〜201、99〜207、2000〜200、01〜208、02〜208,
印象 19世紀末の南部山地入植者“ヒルビリー”達の質朴な暮らしとその生活環境を楽しく再現して、せわしない現代人にこころの安らぎを提供しようというコンセプトを肌で実感させる高品質パーク。起伏に富む山林とせせらぎ、当時の素朴な建物や衣装による50を超えるクラフト(工芸品)の店、豪快かつ美味な食事、どこにいても樹林を縫って聴こえてくるカントリーやゴスペル。ライドもパークのテーマ性を徹底させるため、林に隠れて全く見えないか、周囲に溶け込むように入念にレイアウトされている。以上に増して最大の特徴と言えるのが従業員の心からの自発的なもてなしの姿勢。動機付けのための「我らの使命」と題するすばらしい心得集からその秘密がかいま見える。多くの従業員が風雪を耐えてきた味のある年輩者(80才代も数名)ということも驚きであり、示唆的だ。ヒューマン・エンタテーメント・パーク、さらに地上の小天国とも言いたくなるほど意識の高さが際立っている。大都市(Kansas City43万人とSt. Louis38万人)から高速で3〜4時間というとんでもない遠隔の地にある
98年度ApplauseAward受賞。http://www.silverdollarcity.com/

ご意見・ご感想をお待ちしています pppi@nifty.com

Co-Q10