種別 世界最大のチョコレート会社が経営する遊園地(動物園つき)          
立地 ペンシルバニア州南東部、州都Harrisburg近郊(広域人口約60万人)、Philadelphia(152万人)2時間、WashingtonDC(57万人)2時間半
開業 1907年(従業員福利のためのレクレーション施設)、71年より一般公開
面積 44ha
経営 Hershey Entertainment & Resort Co.
期間 4月5日間5月中旬〜9月上旬130日間、10月〜12月33日間 計163日 開園10時、運転10時半〜閉園22時ほか3パターン 10〜12月午後のみ
雇用 フル250、パート3000
料金 9歳〜54歳$61.95(2日券$79) 3〜8歳&55歳〜69歳$38.95 70歳以上$24.95 2015年 年間パス9歳〜54歳$155 前日の閉園2〜1/2時間前入園無料 
施設 コースター13、水流/プール関係15、ファミリー/キディ30、モノレール1、SL1ほか)、動物園(200種)、イルカショー
成績 96年210万人 97ー217,98ー240,99ー234,2000ー245,01ー256,02ー263, 05-270,06-269,07-294,08-284,12-314,13-318  (約19000人/日 13年度)
印象 まるで銀行提出用の事業計画書のような上昇一途に近い入園者数推移はなにが貢献しているのだろうか? 遊園地自体は、"The Cleanest and Greenest Theme Park in America"とうたうだけあって、ゆたかな樹木に覆われた潤いが感じられるものの、それ以外に特筆すべき要素はないに等しい。テーマ化されたエリアもライドもない。スリル度の異なるコースター13基ほかライドが客層対応のブランクなく揃っていることは強みであろうが。90年、00年と2回訪れたが、木製を含め新しいコースターが2,3加わったほかはリニューアルされた形跡もない。隠れた本当の理由は、想像であるが、意外にもかのウオルト・ディズニーと相通ずるものであると見た。すなわち、ほんものの博愛心から出た営みに人は癒され安らぐということだ。10代半ばで丁稚奉公に出され、一代で世界最大のチョコレート会社を築きあげたMilton Hersheyは、全私財を工場と本社のある地元の病院、学校、住宅、教会、美術館、アリーナ、ホテル、遊園地等の建設に注ぎ込み、理想的なコミュニティの実現に生涯を捧げた人物であった。しかもそれらの多くは、大恐慌下に人々の職を確保するために建設され、以降今に至るまで組織的に運営されて地域の発展に巨大な貢献を果たし続けている。なお、社会的・経済的な困難にある児童を主対象とする育英基金50億ドル(約5500億円)は全米有数規模の個人信託という。こうした事情を知らない外部の人間が遊園地を訪ねたとき、かつての私同様なぜこれほど多くの人々が惹き寄せられるのかほとんど理解できないはずだ。こころの産業でもっとも重要なもの、それはもっとも非日常的なもの、すなわち慈しみや愛のまごころだ。キャッチフレーズの"Sweetest Place on Earth"にはそのような意味も込められているにちがいない。善きにつけ悪しきにつけ人の心は伝わるものとあらためて考えさせられる事例である。

2000年度ApplauseAward受賞。http://www.hersheypa.com/attractions/hersheypark/

ご意見・ご感想をお待ちしています pppi@nifty.com

Co-Q10