遊園地(テーマパーク)事業に取り組まれておられる皆様

ようこそ!


以下は皆様の業務の根幹部分にとってこれまでにない視点からの真に大切な
ご提案だと信じますので、長文ですがどうぞ最後までお付き合いください。
他ではけっして得られない良いことをご用意していますので・・・。




               


日本と欧米の遊園地の間には、遺憾ながら現状では質的水準
および成績ともに想像を超える大きな隔りが存在しています。
それは、敢えて言えば「こころの産業」に対する取り組みの
本気さの違いから来ているとしか言えないように思われます


遊園地は装置産業である以上に「こころの産業」!

遊園地の歴史は18世紀ごろ英仏等の市民公園で回転木馬などの機械や余興が
集積されて始りましたが、1950年代にDisneylandなどが登場して以降は、
スリルや好奇心をいっそう楽しく情緒ゆたかに体験できる非日常的な環境を
工夫したテーマパーク」が欧米で遊園地の多くを占めるに至りました

社会的必需性がなく手法にも決まりがないという、いわば番外地の産業とも
言えるのが遊園地ですが、実際は毎年数百万もの人々が貴重な時間とお金を
使って訪ねてくれています。心に触れる楽しさが思い
出となって再訪や評判
を呼ぶ内容になっているからこそですが、その実現のために必要とされるも
のはなんでしょうか?成功事例の踏襲、周到なマーケティング、不断の投資
・・・?

これら以上に大切で、たとえこれらが不十分だとしても、来園客の心に響
き、好成績をもたらすものがあります。多くの遊園地で見過ごされているも
の、番外地の、こころの産業だからこそ必要なもの、それはお互いのかけが
えのない生命を慈しむ心を自分のものとし、それを実践することができる貴
重な場として遊園地事業の価値を徹底自覚することだと信じます。これが
「本気の取り組み」にほかなりません。来園客、従業員、事業主体、地域の
すべてを幸福にする所以と言えます。ディズニーとその真摯な学習者たちに
対してはそれ以外の説明が思い付かないのです。


(ご参考)アメリカの大学生の就職希望先(最近のニュースより)
No.1 ウオルト・ディズニー・カンパニー、No.2 国連本部、No.3 教育過疎
地域への教師派遣NGO
なお同じ頃に発表された日本での結果は10位まですべて金融機関でした。



                

はたして、日本ではこれまで一般にこのように遊園地事業を深く見つめなお
して本気の取り組みが行われてきたでしょうか?残念ながら答えはnoです。
これはディズニーにとどまらず欧米のいくつかの中堅遊園地を訪ねたときに
五感を通して実感する違いによって納得せざるを得ないものです。


当サイトは、普段あまり目にすることのない中堅規模の事例を主体にそうし
た本気ぶりの一端を写真と動画によって垣間見ていただくために開設させて
いただきました。集客推移の日米欧比較(データ更新中ですが差はいっそう
開いています)、業界のノーベル賞とも評価されるapplause awardの受賞
リスト(まだ日本はゼロ)等の付属資料もぜひご参照下さい。



                

それでは以下の項目順に進めさせていただきます。

1.本気さはどこに表れるのでしょうか?

2.なぜ日本では真に本気になりにくかったのでしょうか?

3.全社一丸となって本気になる方法はあるでしょうか?

4.真の本気経営はどんな未来を約束してくれるのでしょうか?



1. 本気さはどこに表れるのでしょうか?

遊び場所にすぎない事業に真剣勝負で取り組んでいることを実感せざるを得
ない事象とはどんなものなのか、以下経験をもとにお話させていただきます。


(1) 特徴や個性を打ち出している。
半世紀近く前までとは異なり、適当にレイアウトされたライド(のりもの)
が主役という内容では、多種多様なレジャーや競合施設、とくにディズニー
に伍して相応の集客力を保持することは日本、欧米を問わずもはや不可能と
言えます。情感に訴える特徴や個性を打ち出して存在感を発揮する必要性は、
主張をしない日本文化のなかでもいよいよ切実になっているのではないでし
ょうか?

日本から欧米を訪ねて違いをはっきり感じるのはまさにこの点なのですが、
特定のテーマや雰囲気で園全体または各エリアを覆うという手法が一般的で
す。ディズニーのようにすべてを完璧主義のもとに虚構世界で埋め尽すまで
もなく、既存の自然的・文化的資源などを活用しながらライドやレストラン
などとその周囲を演出するだけで魅力ある個性を醸し出している事例は少な
くありません。とくにファミリーゾーンは、堅固な循環需要とともに比較的
低予算でこころの産業への新たな取り組みを印象づけ得る効果と相まって、
この施策のトップバッターとなり得るのではないでしょうか。



(2)「語りかけ」がある。
表現のなかに来訪客一人一人に向けてユーモアやウイットのある語りかけが
感じられます。国内のテーマ施設では、それらを欠いた完璧主義がかえって
訴えかけを弱めている場合があります。


(3) 臨場感が巧みに演出されている。
非日常世界を楽しんでいただく事業として、その魅力を飛躍的に高める究極
のカギとなるのがまさに疑似臨場感です。皆様の経験に照らしても、後々懐
かしく思い出されるのはスリルライドではなく、異国情緒、ノスタルジア、
メルヘンといった情感がそこはかとなく呼び覚まされる虚構世界のシーンで
はないでしょうか?


感動を呼ぶほどの情感表現を可能とするのは、高度な想像力や共感力ととも
にそれらのエンジンとなるまごころの本気さだと確信します。努力が結実し
多くのゲストの思い出に残るシーンを一カ所でも実現できれば確実にファン
は増えていきます。


(4) 基本品質への留意
表面的な笑顔、舞台裏まる見え、塗装剥げ、造花、場違いな看板やのぼり・
POP・BGM等、導線上のガチャポンやコイン乗り物、飲食増収目的のベンチ
撤去、不当に高額な料金・・・。本気の取り組みがなされていればこれらは
あり得ないと考えられます。



                

2. なぜ日本では真に本気になれなかったのでしょうか?


(1) 国民性
日本人は内気、生まじめ、恥や世間をなにより大切に考える、などと言われ
てきました。そのためか大切な関係先や常得意相手に対しては徹底した気配
りやおもてなしに力を入れる反面、外部や不特定多数に対しては心を注ぎ尽
すということはあまり見られないのではないでしょうか?



(2) リーダーのビジョンの不足
日本ではあたりまえの観がある先例踏襲(イルミネーション、温泉・・)、
話題性頼み、マーケティングへの過依存などですが、もし事業を通して実現
したいビジョンや思いをリーダーが堅持し、それが組織全体に浸透している
のであればもう少し心に触れる個性が表に出てくるはずです。



(3) 鉄道会社の付帯事業で始まった歴史
事業の主目的が運賃収入や不動産開発利益など別にあり、また現場責任者の
権限不足のため腰の座った主体的取り組みとなりにくく、目線も利用者より
組織内部に向いて自社都合優先を当然視するようになってしまいがちです。
この問題では、業種は違いますが世界最大のビール会社アンヒューザー・
ブッシュが経営するブッシュガーデン2ケ所の本気ぶりが輝いています。



                

3. 全社一丸となって本気になる方法はあるでしょうか?


(1) 先進事例から刺激を受ける。
真に本気で取り組まれている遊園地を訪問して、造り込みやオペレーション
の実際から企業のビジョンと努力ぶりをじっくり洞察することをスタートに
されるのが最善かと思われます。その際はできれば気遣いや談笑なしの真剣
な視察が可能となるようお一人づつ回ることがお勧めできます。


なお、私どもでは現地訪問に近い効果が得られる先進事例の勉強会この
サイトの10倍以上のコンテンツにより訪問形式にて実施させていただくプロ
グラムをご用意しています。特別なご奉仕として、貴園を事前に拝見させて
いただき、その結果を踏まえた具体的な参考ポイントや応用可能施策などの
アドバイスを織り交ぜつつ皆様との質疑応答や真剣なディスカッションを行
います。やって良かった!と思っていただけるよう誠心誠意行わせていただ
きます。詳細はこのページの最後にご案内いたしております。


(2) 意識改革へ挑戦する。
ご紹介した事例といえ当初から本気のエンジンが回っていたとは考えられず、
あのディズニーにも永い苦しみと試行錯誤があったことは、中心的な当事者
が執筆した本(ダグ・リップ著「ディズニー大学」)のなかの赤裸々な実情
から明らかです。本当の成功事例を訪問すると、事業主体のビジョンや思い
が全員に共有されたうえ施設と運営の隅々にまで一貫していることを感じ取
ることができますが、その陰ではスタッフの意識改革に向けた取り組みが真
剣に行なわれているのです。その具体事例の一部として前記訪問勉強会では
各視察先で入手した業務心得や独自の施策等を取り上げます。

 
(3)事業への参加意識を育てる。
施設やイベントのリニューアルに際し、真に優れたプラン(ゆたかな見識と
想像力のもとに誠実かつ合理的に導き出されたもの)を追求することは当然
ですが、それを幹部や一部スタッフだけで最終決定するのは惜しい機会逸失
となりかねません。全員が対象でなくても、意見や提案の機会を設けること
によりプロや経営陣が思いつかなかった視点からの発想が期待できるだけで
なく、参加意識やモラールの強化を図ることも可能なのではないでしょうか?


なお、(お節介が過ぎますが)人事制度、就業規則、職場慣行など働く場の
改善に関しても、匿名確保手段を講じたうえ全員を対象に意見や提案の機会
を設けることも大きな意味があると考えられます。



(4) 来訪客に対しても社内に対しても同胞意識を育む施策を工夫する。
外部や不特定多数への無関心傾向という国民性が遊園地に真っ向勝負を賭け
にくくさせているとすれば、少しでも社会に対して心をオープンにするのに
役立つ施策を試してみたいものです。
 


一例として、
a. アメリカではディズニーはじめ多くのパークでメインゲートに国旗が掲揚
されていますが、日本でもアレルギーを卒業して誇りと同胞意識の象徴にな
ってほしいものです。なかには開園前に国旗の下で全スタッフが国歌を斉唱
している例もあります。そこで培われる同胞意識は、そのパークの基本理念
「思い出づくりはリピートづくり」を実効化するための自発的かつ誇りに満
ちた接客を促進するのに貢献しているように見受けられました。

このパークは唯一の訪問手段である車で大都市から3、4時間もかかる立地に
もかかわらずコンスタントに250万人レベルを維持しています(年間219日)。
実際に血の通った自発的な応対を一度ならず受けたときの温かい思い出が蘇
ってきます。因みに当サイトのトップページの背景画像に使わせてもらった
人物はメインエントランスでチケットもぎりをしているかたです。



b. 私自身がオリエンタルランド在職中に立案遂行したものですが、例えば、
地域のほぼ全業種を網羅する従業員提携割引制度(社員・アルバイトの区別
なし)は地域との一体感の醸成とともに従業員としての誇りの強化に一役買
い、また休憩室の美化や快適性の確保は仲間意識や会社から大切に扱われて
いる印象を育むのに貢献したと自負しています。



                

4. 真の本気経営はどんな未来を約束してくれるのでしょうか?


上述してきたような取り組み、イノベーションが正しく進められた結果、

(1) 全員が遊園地事業の本然の姿に目覚め、施設面と運営面の課題に
対して自分の生き甲斐の問題として真摯に取り組むようになります
(仕事から志事へ)。それに連れて相互尊重の気持ちも芽生え、また

足の引っ張り合いや疑心暗鬼などの暗い組織悪が解消します。


(2) リピート、クチコミ、ファンが増え、滞在時間と消費
単価が伸び、
結果、売上はじめすべての経営指標が好転し、善循環します。


(3) イメージ・アップに伴い、人材確保、スポンサー誘致などが容易
になります。




訪問勉強会のご紹介

  1)事例研究
    約15ケ所1000枚ほどの現地撮影の画像と動画を用いて
    欧米の優れた事例の本質的なご理解をすすめます。
    iPad、TVモニタまたはプロジェクタ使用  当日の資料例

  2)レクチャー 
    a.遊園地事業の意義と可能性の徹底再確認
    b.リピート・クチコミ・ファンづくりへのキー・ファクター
     (開発・運営両面) 
    c. ベスト・プランを導き出す手法について
     (体験・知見を投入した多層マトリックス評価法)   

  3)意見交換(各人感想、質疑応答、施策提案など)

 

    事前に園内を簡易的に診断させていただき、気付いた課題と
    改革の方向性の提案を織り込みながら上記内容をすすめさせ
    ていただきます。


    費用 10万円(旅費別途)

           

    勉強会の他にも、本格的なプランニング業務はじめ遊園地
    (テーマパーク)の開発、活性化、健全経営に資するすべて
    のご相談を承ります。 


    お問い合せ先

    ゆうえんち活性化考房
     


    東京都八王子市
    電話/Fax 042-676-0440 携帯 080-5055-0440 Email pppi@nifty.com   

    

                                         

Co-Q10